出張リラクゼーション必須・便利アイテム

Share? -

  • URL Copy!

今回は出張での施術に必要なものと、「あると便利!」という声が多いものを紹介していきます。アイテムリストから気になるモノをタップ/クリックするとジャンプできます😆

アイテムリスト

(☑必須アイテム  ☐あると便利なアイテム)
☑通信デバイス
☑モバイルバッテリー(充電を忘れずに)
☑交通系ICカード
☑施術用タオル
☑施術備品(1人分にまとめたもの、場合によって余分に)
☐施術マット/簡易ベッド
☐体拭きシート、除菌シート(オイルにはセスキ、敏感肌OK等)
☐ヒアリングシート、メモ、バインダー(スマホ、タブレットでも)
☐スリッパ、替え用靴下
☐出張用バッグ(疲れない、自立するものだと◎)

必須アイテム

①通信デバイス

スマホや携帯電話、タブレット(持ち運びできるサイズ)

初めて出張する場所でも約束の時間に遅れずに着くための乗り換えアプリ・地図アプリ、お客様と連絡をとるためにも必需品です。

②モバイルバッテリー

出張中に通信デバイスの充電が切れるとお客様と連絡がとれなくなるのはもちろんですが、次のお客様からオファーがあったときに対応できなくなってしまいます。せっかくのチャンスは活かしたいですよね。

お客様との連絡だけでなく、移動の際に乗り換え案内や地図が見られなくなると深夜帯は特に危険です。

出張前に通信デバイスの充電だけでなく、モバイルバッテリーの充電も必ず確認しておきましょう。

③交通系ICカード

公共交通機関で移動する方や、自転車/バイク/カーシェアリングを交通系ICカードで利用する方は必須です。プライベート用とは別に出張用に1つ持っておくと経費として交通費を計算しやすくなります。

④施術用タオル

施術スペースとしてお客様の体の下に敷いたり、オイルを利用する場合、お客様のベッドや布団・床が汚れないように重ねたり、施術中にお客様にかけるなど何かと必要になります。

大判のバスタオルがお客様1人あたり2~3枚あると安心です。お客様に借りるよりも持参しましょう。お客様のバスタオルではサイズや数が足りない場合もあるので、必要な分を1人分にまとめておき、準備しておくことをお勧めします。

⑤施術に必要な備品

精油や鍼、灸など、ご自身のサービス内容に合わせて準備します。お客様の施術後、出先で次のオファーがきたり、お客様の同居人に施術を依頼される可能性もあるので余分に持っていくと安心です。

あると便利なもの

①施術マット/簡易ベッド

お客様の中には寝室のベッドで施術を希望する方もいれば、寝室は見せたくないから居間に布団を敷いて施術を受ける方もいます。バスタオルを施術スペースにすることもできますが、よりお客様に心地良い施術を提供できるように持ち運びができる施術マット・ベッドがあるとお客様も安心です。

②体拭きシート、除菌シート

特にオイルを使って施術する場合、お客様の体についたオイルや、床にオイルがついてしまったときに拭き取るウェットシートがあると便利です。セスキが配合されているとオイルの汚れが取れやすくなります。お客様の体に触れるものの場合、敏感肌でも使えるものだと、より安心ですね。

③ヒアリングシート、メモ用紙、バインダー

施術前にカウンセリングをする場合、事前に用意したヒアリングシートやメモできるものがあるとアフターフォローや次回の施術に役立ちます。スマートフォンやタブレットでも代用できますので、その場合は充電に気を付けましょう。

④スリッパ、替え用靴下

自宅にあがるのに少し抵抗がある方は持っておくと安心かもしれません。お客様によって配慮が好印象に繋がる場合もあれば、逆もあり得るので、あがる際に一言添えましょう。

⑤出張用バッグ

バスタオルを複数枚入れたり、施術内容によっては用意するものがあったり、何かと荷物が増えてしまいますよね。そんな方は荷物を運ぶ大きめのバッグで、長時間の移動でも持ち運びに疲れないもの(肩ひもや持ち手が太めのもの)や、置くときに自立するものだと重宝します。

.....🖋

いかがでしたか?あらかじめお客様にご案内していても実際に行ってみると想定と違うなんてこともあります。セラピストのちょっとした気遣いがあるとリピートにも繋がりますので気になるものはチェックしてみてください😊
「これもあると便利!」というアイテムがありましたらぜひ教えてください♪
(各種SNS、LINE、メールお待ちしております!)


最後までお読みいただきありがとうございます。 

CARELiNKサービス概要はこちら
過去いただいた質問(FAQ)はこちら

記事リクエスト募集中!
リラクゼーションやフリーランス、副業について記事にしてほしい情報がありましたらCARELiNK内の運営チャット(=登録セラピスト様のみ)、もしくはお問い合わせフォーム(=登録されていない方はこちら)までお気軽にお問い合わせください。
※必ず記事にするお約束はできかねます。